ため息・深呼吸の効果

ため息・深呼吸は自律神経を整える効果が?!

ストレス

生きる上で働くことは避けて通れず、仕事でストレスをためて自律神経失調症になっている方も多いようです。

自律神経失調症をこじらせると、だんだんと気力がなくなり、体が重くなり、うつに発展することも。

また、自律神経失調症は人によって症状が異なり、下痢をする人、便秘をする人、嘔吐をする人などもいらっしゃいます。


ため息をつく人は自律神経失調症になりにくい?!

ため息

ところでため息をよくつく人を見かけませんか?
こういう人は実は自律神経失調症になりにくい傾向にあります。

ストレスがかかると交感神経が優位になり、呼吸が浅くなります。また、デスクワークの方も背中が丸くなりがちでこれもまた呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると、血流が悪くなり、疲労感、だるさ、倦怠感、体が重いなどの不調が現れます。
女性の方だと重い生理痛の原因にもなりえます。

こんな時に、はあ~と深いため息をつくと、ちょっと血流がよくなります。
血流がよくなると全身の細胞が活性化し、体のだるさ、重さがちょっとマシになります。

ため息をつく人は、知らず知らずのうちに、ストレスによるダメージを軽減し、自律神経失調症の予防をしているのです。



ため息もいいけど深呼吸も効果的

深呼吸

しかし、ため息は人前ですると、不機嫌に見えるので周りの人に気を遣わせてしまいます。

また、ため息を不快に思う人もいらっしゃいます。

なので、人がいないところでコッソリため息をつくのもよいでしょう。

また、デスクでそのまましたい時は、ため息の代わりに深呼吸をするのもよいでしょう。

私はデスクにいるままで鼻から吸って鼻から出す深呼吸を時々行います。
胸にたまったものが抜けていくような気がして気持ちいいです。
鼻から吸って鼻から出す深呼吸は目立ちませんし、気分もスッキリします。



深呼吸の効果イロイロ

やる気

なお、深呼吸は自律神経失調症を予防する効果以外にもこのような効果が期待できます。

・血行促進による冷え性や生理痛の改善
・血行促進による内臓の不調の改善
自律神経失調症で下痢や便秘などの症状が出ている人にもよさそうですね。
・細胞を活性化することで美容にも◎
・新陳代謝を高め、ダイエットを効率的にする
・老廃物を除去することでたるみ・むくみの改善
・動脈硬化や血栓症の予防

いかがでしょうか。
深呼吸にはこんなにいっぱい嬉しいことがあります。
手軽にできるのも助かりますね!

度な深呼吸やため息で、心身ともに活性化し、ストレスがたまりやすい社会でも、できるだけ快適に生きたいものですね。

まあ、ストレスや自律神経失調症に最も効果的なのはストレスの根源を断つことなのですが、生きていく以上、 避けられないストレス(特に仕事)もあるのでちょっとでも軽減したいものです。


ため息・深呼吸で自律神経を整える  まとめ

・ため息は自律神経失調症の予防になり、ストレスによる体への影響を軽減できる

・深呼吸や深いため息は、全身の血行をよくし、ストレスによるダメージを軽減する

・深呼吸は、自律神経失調症の予防やストレス対策以外にも、美容や健康面で効果アリ。

↑ PAGE TOP