3ステップで不安と心配事を解消しよう!

不安や心配事を解決する

生きていくうえで不安や心配事はツキモノです。
不安や心配という感情は「今のままではよくない」というサインです。
自分で自分の課題に気付いている証拠でもあります。
ある意味、成長や成功に近いところにいるという風にもとれます。

なので、そのまま放置せず、その不安の原因を整理することが重要です。
そして不安の正体を突き止めた後は、それをそのまま放っておくのではなく、解決方法を考え、実際に行動することが重要です。

残念ながら気分転換で不安や心配事は消えません
誤魔化せたとしても、それが解決されない限り再び不安は現れます


不安を書き出して頭の中を整理する

ノート

まずは不安の原因を整理します。
考えるだけですぐに思いつけばいいのですが、そうでない場合は、今の自分の考えを紙に書き出して整理します。もちろんエクセルやワード、メモ帳でも構いません。

例えば将来が不安。
このままでは漠然とした不安のままです。不安がモヤモヤとした霧の状態です。
具体的に何か不安を突き止められていない状態です。

将来の何が不安なのか考えてみましょう。

1人で老後を迎えるのが不安なのか。
老後まで仕事があるか不安なのか。
老後の資金が不安なのか。
それとも来週のプレゼン(近い将来)等が不安なのか。
子育てが不安なのか。病気が不安なのか。

きっと思い当たることがあるはずです。


不安を解消するために対策を立てる

成長

不安の原因がはっきりとわかったら、その不安を解消するための対策をたてましょう。

例えば、老後が不安の場合。
老後1人が不安→パートナーがほしい場合は婚活→婚活には何が必要か?→ダイエットならダイエット、積極性が必要なら出会いの場に足を運ぶ。
ひとりがいいという場合は、老後のおひとり様向けサービスにどのようなものがあるか調べてみるとよいでしょう。

例えば、お金がなくて不安の場合。
自分ができる範囲内で貯金をしよう→月5万円くらいなら無理がない→年間60万円、これなら10年で600万円、20年で1,200万円。何とかなりそうだ。という風に考えられます。

例えば、老後まで仕事があるか不安の場合。
会社が倒産しても就職できるようにしよう→自分に足りない能力(不安要素)は何か?→不安要素をつぶしていく(不安要素を克服する勉強)をします。面接も不安ならその対策(練習など)も行うことで将来の不安をつぶしていくことが可能です。

例えば、来週のプレゼンor商談が不安な場合。
不安に思うのはそれなりに原因があるはずです。
多くの場合は準備が不十分だから。
十分に準備を行えば、自信を持ってプレゼンや面談が行えます。



3ステップで不安や心配事は解消

このように、不安や心配を感じたら、不安の原因を整理し、どうしたら解決するか考え、具体的な行動をおこすことで徐々に不安や心配が解消されていきます。

1.不安の原因を整理する
2.対策を考える
3.具体的に行動を起こす(不安をつぶしていく)

3ステップやってみてうまくいかなかったら、もう一度うまくいく方法を考えてみましょう。

不安は放置すれば問題は解決しないままですが、不安に対して具体的な行動を起こすことで、成長や成功を手にすることができます。逆に言えば不安や心配を感じているなら、成長や成功のチャンスと言えます。折角のチャンスなので、ぜひ行動しましょう。


不安に対する対策が長期に及ぶ場合

目指す

不安の正体は突き止め、対策を考えたはいいけど、その対策が長期間要する場合もあります。

老後資金を貯める場合などは、10年計画になることもあるでしょう。
その場合は中間目標を設定するとよいでしょう。

例えば2,000万円貯めようとします。
手持ち資金が少ない場合、2,000万円貯めようと思うと気が遠くなると思います。
そこで、2,000万円までの道のりに小さなゴール(中間目標)を設定します。

500万円貯まったら1/4達成していることになります。大きな進歩です。
1,000万円貯まったら半分も達成しています。もう半分ですね。
これまで1,000万円貯められたのですから、もう1,000万円もきっとできると思えますね。
1,500万円貯まったらもう一息!ワクワクですね♪


不安や心配事を解消する まとめ

1.まずは不安の原因を整理しましょう(どうして不安を感じるのか)
2.その不安に対してどうしたら解決するか対策を立てましょう
3.実際に行動しましょう(準備なり、対策なり行いましょう)
4.対策が長期に及ぶ場合は中間目標を設定するとモチベーションを保ちやすい

↑ PAGE TOP