将来の漠然とした不安を解消するには?

将来の不安を解消するには?

不安の正体を突き止める

不安

多くの人は漠然とした不安を抱えながら生きています。
しかしその不安に対して悶々と考え、愚痴を言うだけで終わってしまっています。

将来の不安を解消するには、まずその不安の正体を突き止めることです。

・会社が倒産したらどうしよう
・将来年金はもらえるのだろうか
・老後資金足りるだろうか
・病気になったらどうしよう
・災害に遭ったらどうしよう

将来の漠然とした不安の多くはお金が関わっています
お金、仕事、老後、年金など生活に関わることが多いように思います。
ではどうすれば、こういった不安を和らげたり解消することができるでしょうか。


まずはお金の不安を解消

計算

1.生活レベルを低く保つ
月々の生活費をできるだけ低く保つと、減給やリストラに遭っても大きなダメージを受ける可能性が低い。

たとえリストラに遭っても再就職までのつなぎ資金の減りようも少ないので、不安を軽減することができます。

車両や高いスマホなど今一度見直してみるとよいでしょう。

2.ひと月および年間の生活費(支出額)を計算する
次にひと月の生活費と年間の生活費を計算しましょう。
月に最低これだけ必要ということが分かっていれば、最低これだけ稼げばいいという目安が出てきます。また、削ってもいい経費も見つかります。

会社が閉鎖になったなどで退職に追い込まれたときも、ひとまず慌てることがないように貯金など準備することもできます。

3.将来の年金額を把握しておく
ねんきんネットに登録すると、これまで自分が支払った保険料が把握できたり、将来どれくらいの年金が受給できるか試算することができます。

予め将来受給できそうな年金額を知っておくことで、生活レベルを調整したり、足らない分を貯蓄する等対策をすることが可能です。

老後が不安という人は、ひと月の生活費と年金額は把握しておきましょう。
ねんきんネット https://www.nenkin.go.jp/n_net/



仕事の不安も解消しよう

ビジネス

4.自分の仕事に関する知識とスキルを向上させる
自分の仕事(学生さんならやりたい仕事)に関する知識とスキルを常にアップデートしておくと、就職先が見つけやすいです。
会社が業績不振で倒産したとしても、スキルと経験があれば、年齢が多くても再就職先が見つかりやすい傾向にあります。
また、一つの会社で長く働いたという経験も大きな強みになります。

5.面接の練習をする
いくら仕事に関する知識や技能があり、経験豊富でもそれを相手にうまく伝えられなければ、採用試験に受かることはありません。
時には自分がどうありたいか、今後どんな仕事をしていきたいか、強みは何か振り返り、面接の練習をしてみましょう。
普段は意識しなかった自身の強みが見つかることもあります。

面接の対策はアマゾンや最寄りの本屋さんにおいてあったり、ネット上にも質疑応答の例が載せられています。なお、本を用いて対策する場合は、新卒用と転職用とありますから間違いのないように購入しましょう。


究極の不安解消法:一生分の生活費を確保する

飛躍

中古住宅もしくは安い賃貸マンションに住むと、お金が貯まるスピードが格段に上がります。
まずは安上がりの住居を用意し、残りの人生分の生活費を確保します。

すると、お金(生活)のために働かざるを得ないということがなくなります。
万が一、再就職先がなくてもとりあえず食いつなぐことができます。
このレベルになると、自分が心からしたい!と思える仕事ができるようになります。
心にゆとりがある分、世の中のニーズにも目を向けやすくなります。

しかし、多くの人は途中であきらめてしまいます。
この究極の解消法は時間がかかるというのが難点です。
10年単位で時間がかかります。私は不動産購入を含めて20年かかりました。
しかし普通に働きながら、ムダのない生活をしていれば必ず実現できます
副業や投資のスキルがあればもっと早く実現できます。


最後に

不安を感じるということは悪いことではありません。
それは「このままではいけない」という自身へのサインでもあります。
不安を感じたら、何が不安なのか正体を突き止め、自分なりに改善していくことが大切です。

放置しておくといつまでも不安は解消しません。
問題を先延ばしにせず、早めに解決策を実行することが豊かな人生の近道です。

↑ PAGE TOP