一人が好きな人は自立していて自由

一人が好きな人にありがちな傾向

世の中には誰かと一緒にいるよりも一人でいる方が好きな人もいます。
ご多分に漏れず、私もそうです。

しかし世の中の大多数は誰かと一緒にいる方が好きなので、友達や恋人、パートナーがいることがさも当たり前のような風潮になっています。

このことが人目を気にするような一人好きさんにとって息苦しさを感じる原因になったり、職場や学校などの組織で多数派の意見=常識を押し付けられて悩むこともあるようです。

一人でいるのが好きなのに、友達を作らなきゃ、とか、恋人を作らなきゃとか、結婚しなくてはとか思い、つい無理をしてしまう人もたくさんいらっしゃいます。

かといって逆に必要な人間関係も構築せず、自分は自分と割り切ってマイペースで過ごしている人もいらっしゃいます。

以下に挙げる特徴の人は一人が好きな可能性が高く、ひとりの時間を多めにとった方が快適な人です。


一人好きの傾向

安堵感

1.友達や恋人との時間が終わった後にホッとする
一人が好きな人は他人に気を遣うのがしんどいようです。
気を遣うのに大きなエネルギーがいるので他者といるとかなり疲れます。
だから一人になったとたんに安堵感を感じる人も。
デートが終わってからホッとする人や、デート中にはやく一人になりたいと思う人もおられます。

2.一人でレストランやカフェにいくのが好き
一人が好きな人は一人でレストランやカフェに堂々と行きます。
友達や家族と食事するのもよいのですが、一人の方が会話などに気を遣わず、食べ物の味に集中でき、じっくり味わうことができるのです。

3.世話を焼かれるのが嫌い
一人でいるのが好きな人は、世話を焼かれるのが嫌いです。
お礼を言いながらも、自分でやるから放っといてくれーーー!と心の中で叫んでいることも。
一人が好きな人は放っておいてもらうと心地よいのです。

4.自立している
一人が好きな人は、何でも一人でやりたがるので自立した人が多い様子。
自立していると言えば聞こえはよいのですが、集団で協力し合う場面が大の苦手。

5.群れるのが苦手
一人が好きな人は当然群れるのが苦手です。
子どもの時や学生の時も友達と遊ぶより、一人で遊びたがる傾向があります。
一人遊びの例としてはお絵描き、楽器の演奏、山登り、木登り、読書などがあり、中には特別な才能を見いだす人や高い学力を身に付ける人も。

6.世間話や雑談がつまらない
多くの人は他者と関係を築くのに世間話や雑談をします。
しかし一人が好きな人は、え?なんでこんなこと話さないといけないの?って感じです。
自分から話すときは大抵何かの用件のことが多く、雑談をしようと思えば、かなりエネルギーを必要とします。
筋金入りの一人好きにとって自分から話をふるというのは、かなりエネルギーを消費します。
話をしていても何の感動もないので「そうなんだ」などで終わり、話が展開しないのでお互い気まずくなります。

7.さほど寂しがらない
一人が芯から好きな人はあまり寂しがることがありません。
一人暮らしや独身がへっちゃら、むしろイイっていう人も。
ただ、一人好きの寂しがり屋さんもいて、このような人は好きな時だけもしくは心細い時だけパートナーや友達といたがります。動物で言えば猫さんタイプです。

8.束縛されたくない
一人好きの人にとって何より苦痛なのが束縛。
常に自由でいたいと思っています。無理して人に合わせるのも苦手です。
恋人はいらないか気が向いた時だけ会いたいタイプ。

9.人間関係でつらい思いをしたことがある
一人が好きな人の中には、人間関係でつらい経験をして一人が好きになった人もおられます。
特に幼い頃に、親、友達、親戚、知り合い等と関わる中で何らかで傷つけられたことがあるとその後ずっと一人好きになる可能性があります。
大人になってからも職場の人間関係などで悩まされ、もう一人でいた方がいいと考えるようになるケースもあるようです。



一人が好きな人の特徴

わが道を行く

以上の傾向から一人が好きな人に言えるのは

・人に気を遣うのがしんどい、めんどくさい
・自立している
・自由でマイペース
・社交性が低め
・会話は必要最低限に止めたい
・一人遊びが得意
・協力が苦手、人に合わせるのが苦手

といった特徴があります。
人と無駄話(実際には人間関係の構築という意味で無駄ではありません)をするくらいなら、もっと実用的なこと、役立つことをしたいと思うフシもあるようです。

自分から積極的に人と関わろうとしないので孤立しがちな反面、興味のあることに集中できます。

塾や学校で無駄話をすることがないので、優等生のケースや趣味に没頭するケースが多い。


一人好きのメリットとデメリット

絵描き

一人が好きな人は、一人でコツコツ取り組むものが得意です。お勉強や芸術、書き物など個人プレーで成功しやすい傾向にあります。

そして自分というものをしっかり持っているので、周りに流されたりしにくく、世間の常識に自分をあてはめようとしません。

自分と向き合う時間が長いので、自分にとって何が幸せかよく考えます。
自分の世界を持ち、一人遊びが得意。

一方で一人が好きな人は自由でマイペース、人にあわせるのが苦手、話すのもそう好きではないので、 社交性や集団行動力、協調性に欠けます

勤めや面接では少々苦労をすることもあります。
人付き合いが苦手だったり、苦になるので職場や学校などで浮いてしまうことも。

また、一人好きな態度を前面に出すと、友達になる機会が失われたり、折角気に入ってくれた人から寂しがられたりします。友好的な人とはなるべく笑顔で話してみてください。相槌・受け答えだけでもよいのです。

人は一人では生きていけません。
お金があっても、いざというとき、誰も頼る人がいないのは心細いですよね。
できる範囲内で、周囲とコミュニケーションをとるようにしましょう(無理をしないように)。



一人好きに適したお仕事

パソコン
パソコン1台あれば1人でも仕事できる時代になりました。

一人好きに適したお仕事は、あまり人と関わらない仕事がおすすめです。例としては以下のものが挙げられます。

・セルフ型スタンドで給油監視
お客様が車にガソリンを入れようとしたとき、何も問題ないか(周囲に火がないかなど)確認し、問題なければ、パネルのボタンを押すお仕事。基本的に一人でする仕事です。

・施設警備員
警備員の中でも病院や学校などの施設警備員は一人でモニターを監視したり、人の出入りを確認したり、見回りをするお仕事。緊急時は自ら動く必要もなく、緊急連絡先などに連絡をします。

・清掃員
誰かと一緒に仕事をするのは最初のうちだけ。ある程度指導を受けて慣れてきたら後は一人作業。
一人好きさんにも手軽にできるお仕事です。ただし、大きなところは2~3人のチームで作業するところも。

・大型トラックの運転手(長距離)
トラックの運転手も一人でいる時間が長い仕事の1つです。
人と話すのは、荷物の積み下ろしの時など。ただ、長距離なだけあってかなりハード。
体力のある人向けです。

・芸術家・ライター
基盤を築くまでが大変ですが、自営業や芸術方面で成功する可能性も秘めています。
サイトのライターなど一人でもできます。むしろ、一人で集中してやった方がいいくらいです。
漫画やイラストなどの芸術も、現在はブログやツイッター、アルファポリスなど個人でも作品発表の機会があり、昔よりチャンスをつかみやすくなっています。

・資産家
さらにさらに上記の仕事である程度の資産を築くと資産家になります。
ソーシャルレンディングや投資信託、不動産投資などでさらにお金を増やせます。



一人好きの傾向 補足とまとめ

・一人好きさんは基本的に人に気を遣うのがしんどいタイプ。

・世話を焼いてもらうより、放っておいてもらう方が快適。

・自由でマイペース。他の人にない発想をすることも?!

・集団行動力や協調性には欠けても、一人でコツコツ取り組むものが得意。

・人とあまり関わらない仕事が向いている。

・世間の常識にとらわれず、自分がどんな時に快適か考えてライフプランをたてることが必要。

↑ PAGE TOP