彼氏・彼女がいらない人が増えています

彼氏or彼女がいらない理由

恋人

最近、結婚はおろか、彼氏or彼女さえいらないという方が増えています。

恋人がほしいという人が減ってきているようです。

本来、人間を含めたすべての生き物は異性を求めます。
そして本能的に惹かれ合う異性に出会うと子孫を残そうとします。

しかし現代、人間は出会いの機会が少なくなりました。
また、出会いがあっても積極的に行動しなくなりました。

その背景には何があるのでしょうか?


1.デートが面倒くさい

やる気がない

彼氏・彼女がいらない理由でまず挙げられるのが「面倒くさい」。

彼女ができると男性はデートコースなどいろいろ考えなくてはなりません。

そして女性も一緒にデートコースを考えたり、オシャレや美容に気を使わなければなりません。

時にはどちらかが手料理を振る舞ったりすることもあるでしょう。

デートとは本来楽しいものなのに、男女ともがお互いに気を使いすぎて面倒くさいものにしているようです。

気の向くままに街を歩いたり、食事とか、疲れていればDVDを見たり、何気ないデートでもよいと思うのですが、彼氏・彼女ができた後のことを気負いすぎて「ああ、面倒くさい」と思うケースも多いようです。

さらにデートはおろかメールやラインも面倒くさいと投げてしまう人もいるようです。
仕事など毎日の生活に追われて疲れて恋愛する気力もなくなり、恋愛自体が面倒くさいと思うようになっている人も多いようです。


2.あきらめている

あきらめ

彼氏・彼女はほしい。でもできない。出会いがない。
そう言ってあきらめてしまうケースも多いようです。

出会いがないなら出会いにいけばよいのですが、行動を起こすのが面倒くさい様子。

仕事など日々の生活に追われて恋愛どころでない人も多い様子。
(時間的もしくは経済的)余裕がないという方もいらっしゃるでしょう。

すんなりあきらめるということはそれほど恋人がほしいと思っていないということです。
努力をしてまで恋人がほしいとは思わないのです。


3.自分に自信が持てない

自分に自信が持てないために、彼氏・彼女を作らない人も実は多い。

こういった方は異性に冷たくされたり、誰かから罵られたり、人から心を傷つけられた経験があるケースも多い。あるいは性暴力など辛い経験もあるかもしれません。
そこまでいかなくてもこっぴどくフラれたなどという経験もトラウマのひとつとなります。

もう傷つきたくない!
異性なんてまっぴらだ!

こんな理由から「彼氏なんていらない」「彼女なんていらない」などと思うこともあるようです。

このケースは無理して進まない方が無難です。
まずは傷ついた心を休ませることが先決です。



4.仕事または趣味に打ち込みたい

成功

仕事や趣味が楽しくてしかたがない!
こんな時って恋人がほしいとか思わないですよね。
また、恋人がいても仕事や趣味を優先しがち。

こういったケースは無理に彼氏・彼女を作ろうと思わず、思う存分仕事や趣味に打ち込むのもよいと思います。

彼氏or彼女いらない期間があってもいいじゃありませんか。
仕事や趣味に打ち込む人生も乙なものであります。

また、仕事でも趣味でもやりたいことをやって幸せに暮らしている人は輝いています。
異性にガツガツせず余裕もありますのでモテる傾向があります。
いざ恋人をつくろうと思って行動するときよりも「彼氏・彼女いらない期」にモテる可能性がありますので、忙しい中でもよい異性に出会えたら時間を割いてみるのもよいかと思います。


5.アミューズメントの多様化・廉価化・無料化

ゲーム

現代は家にいながら多くの娯楽が無料で楽しめます。
オンラインゲームは無料でも楽しめるように工夫され、飽きないように工夫がなされています。

そしてバリエーションも豊富です。
恋愛ゲームもあり、実物の恋人より手がかからずに手軽にバーチャル恋愛を楽しめます

本を読もうと思えば、インターネット上に無料マンガ、無料小説がたくさん公開されています。
アマゾンのKindleでも安く書籍が読めます。しかも場所を取りません。

このような「楽しさ」に満ちた生活で、わざわざ苦労をしてまで彼氏や彼女をつくろうとは思わない人も多いようです。

遊びに生きるのもまた人生。のんびりいきましょう♪


6.他人に縛られたくない、マイペースでいたい

マイペース

ライフスタイルの多様化と被りますが、他人に縛られたくないという願望も彼氏や彼女がいらない要因の1つとなっています。

趣味や勉強をして1人気ままにすごしたい、のんびりしたい、マイペースでいたいという人も多いようです。

特に近年、残業や過労、心労などで、せめてオフの時間はゆっくり過ごしたい、自分の時間を持ちたいという人も多いようです。

仕事で精一杯で異性に気を使ったり、面倒を見たりする余裕がない方も多い様子。


7.過去の人が忘れられない

黄昏

好きな人にフラれた、失恋した。
あるいは、恋人が亡くなったなどの辛い経験。

こんな場合は、しばらくは新しく恋人を作ろうなどとは思えません。

本人にとってまずは心の整理が必要なのです。

こんなときは「彼氏or彼女いらない」状態でも不思議はありません。

やがて心の傷が癒えたり、吹っ切れたりしたときに進もうと思うこともあるようです。


8.ライフスタイルの多様化

近年女性の社会進出が進み、女性は1人でも生きていけるようになりました。

そして男性も昔とは意識が変わり、料理や掃除、洗濯などの家事ができるようになりました。

男女ともに昔よりも様々な生き方ができるようになったのです。
主夫になる人もいれば、一家の大黒柱になる女性もいらっしゃいます。

音楽

そしてそれ以上に「独身でもいいから好きなことをしたい!」という人が増えています。
好きなように生きたい相手に振り回されたくない、自由でいたいという人が男女ともに増えているようです。

それに伴い結婚願望は低下し、1人でもいいから自由な時間を過ごしたいという願望が高まり、彼氏や彼女さえいらないと思う人も増えているようです。



9.結婚したくない

彼氏or彼女がいらない理由の1つに結婚したくないという理由も挙げられます。

結婚してしまえば、男女ともに相手のため、子どものためにベストを尽くすことになります。
男性は女房と子どもを養う責任を背負いますし、女性も子育てをしながら働かなくてはならないケースが多い。

結婚は忙しくても充実していて喜びもあるので素晴らしいものなのですが、いかんせん苦労をしてまでは結婚したくないという人も多い様子。それなら彼氏も彼女もいらないという風になるようです。


10.目標ややりたいことがある

目標

資格取得や起業、アーリーリタイアなど目標ややりたいことがあると、彼氏・彼女がいらないと思う場合もあります。

例えば資格取得までは勉強に打ち込みたいから「彼女はいらない」。
お金を貯めてアーリーリタイアしたいから「彼氏はいらない」。
起業したいから今は「彼女はいらない」。

資格取得などの一時的な目標なら、目標達成後に恋人を望むケースもあります。
また、目標に一生懸命なときは目標に力を注いだ方が心残りがないでしょう。

しかしアーリーリタイアなどの一生ものの目標だったら?
「きっと私の生き方は誰にも理解されないであろう」と思い、あきらめてしまうこともあります。

心から恋人がほしくないならそれでもよいですが、もし目標も達成したいけど実は恋人もほしいという場合は、理解してくれるパートナーを探すという手もあります。


11.将来への不安、お金の不安

お金

先行き不透明な世の中、将来への不安から恋人をつくらないという人もいらっしゃいます。

恋人にお金を費やすくらいなら、貯金していた方がよいのではないか?
いざ失業してもお金があればなんとかなる。

恋人から結婚に発展し、家庭を持ったときに、家族を養えなかったらどうしよう。
働けなくなったらどうしよう。
自分だけならどうにかなる。貧乏を責められるのはイヤだ。

こんなことを考えて恋人をつくらない人が実は男性だけでなく女性もいらっしゃいます。


12.一家の大黒柱だから

ごくごく稀なケースですが、老親をかかえているケースや兄弟にニートがいて養っているケース。
親の面倒を見るくらいなので、本人は責任感が強いのでしょう。

恋人ができて結婚の話まで出てきたらどうすればよいのか。
親兄弟を見捨てるわけにもいかない。

そうなると相手の幸せを考えるとやっぱり独身でいようなどと恋人をあきらめてしまうケースもありえます。


根本の原因は「出会いがないこと」に尽きる

色々と彼氏・彼女がいらない理由を書いてきましたが、突き詰めて考えると「出会いがない」。
もっと言えば「本能を刺激するような異性と出会っていない」
そして「出会う機会をつくるのが面倒くさい」「出会いに行く気力がない」という人が多い。

現代、多くの人が忙しい毎日を送っていて、毎日の労働で疲れています。
疲れた状態で「さあ!出会いに行こう!恋をしよう!」などという気力が出なくても不思議はありません。

また、本来なら本能を刺激する異性に出会っていても、疲労や気力低下、将来の不安のためにそれに気付かないことも多いようです。

↑ PAGE TOP