プライドではなく向上心を持とう

プライドではなく向上心を持とう

生きていくのに重荷となるものの1つがプライドです。

プロ意識を持てだの、誇りを持てだのよく言われますが、
プライドが高いと自身を追い詰めてしまう可能性があります。

調子がいいときはよいでしょう。
プライドがプラスに働くこともあります。
しかし高いプライドは自身に無理をさせてしまったり、成長を妨げたり、
人間関係に悪影響をもたらすことがあります。

プライドを持つなとはいいません。
しかし自らがプライドに押しつぶされないように、程々に保っておく必要があるのです。


プライドは挫折に弱い

落胆

例えば、パソコンのことに詳しくて尊敬されている人がいましょう。その人は自分でも技能に自信を持ち、プライドを持っていました。

だから「自分は何でも問題解決しないと」「みんなの期待を背負っているんだ」と気負い込み、自分の実力以上のことも引き受けてしまいます。

その事柄が無事に乗り越えられればよいでしょう。
でも、もし努力をしてもできなかったら?

プライドが高い本人は自分を責めてしまいます
自分を責めると心身にダメージが及びます

そして積み重なれば心労、疲労となり、うつ病や胃炎、過敏性腸炎などになってしまうこともあるでしょう。

うつ病や胃炎になってしまえば、なかなか回復しません。
プライドを持っていた仕事から離れ、ますます自分を責めて悪循環となります。



プライドが成長の妨げになることも

プライドの高い人は「自分が正しい」と思いがち。
自分はその道のプロフェッショナルだからと考えがちです。

自分はできる、もう十分だと思ってしまえば成長もストップ。

でも他の分野の人の発言が思わぬヒントになることもあります。
別の視点から見て解決方法が見つかる場合もあります。

人の話はしっかりと最後まで聞く素直さを持ちたいものですね。

また、自分以外の人の意見や考え方で解決に導くと、自分はプロなのにどうして?!などと考え、プライドが傷つきがち。
「自分はプロでなくてはならない」という思い込みが自らの首をしめてしまうのです。

プライドが高い人ほど成長しませんし、挫折に弱いものです。

他の人の意見から解決に導かれた場合は、素直にその人にお礼を言いましょう。
その方がよほど気分が楽です。


分からないときは、素直に分かりませんと言いましょう

分からないときは素直に分かりませんと言いましょう。
知ったかぶりは後からツケが回ってきます。

ただ、分からないにしても調べると分かりそうなものについては、「調べてみます」と言うとよいでしょう。
大体の問題はネットで解決方法が見つかります。

どうしても分からなかった場合は、そのことを正直に言って謝り、何か手がかりとなるものが見つかったら報告しましょう。

自分ができる範囲内で行動しましょう。



プライドのかわりに向上心を持つ

向上心

プライドは傷つきますが、向上心は傷つきません。
プライドが高いといつも気を張っているので疲れますが、向上心は自分ができる範囲内で努力をするので疲れません。

そして楽しみながら学習できます。

いつも自分の成長を楽しみにしているので、心身共に健康です。
何かちょっとしたことでもできるようになると喜びとなります。
自分の成長を喜べる精神状態こそ幸せの秘訣なのです。

また、素直に人から教わる気持ちを持ち合わせているので成長率も高くなります。

誰かから何かを学ぶとき、向上心を持っている人は感謝の気持ちでその人に接します。
会話が弾み、人間関係も楽しいものになっていきます。

人間は誰かに何かを教えてそれが役に立ったとき喜びを感じるものです。
プライドではなく向上心がある人は共に喜びます。

向上心は喜びの連鎖なのです。


向上心のある人は表情が穏やか

やる気

プライドの高い人はいつも気を張っているのでそれが表情に出てきます。
場合によっては怒っているような顔にみえるでしょう。

でも向上心のある人は、自分の無理のない範囲内で努力しているので、穏やかな表情であります。
やる気に満ちあふれ、目も輝いているので周りの人からの信頼も厚いことでしょう。

こわばった表情の人とおだやかな表情の人、どちらと付き合いたいですか?

プライドは行きすぎると自身を苦しめるだけでなく、人間関係にも影響が出てくるのです。
逆に向上心と素直さは人間関係を円満にします。


プライドよりも向上心 まとめ

・プライドが高いと、自分を追い詰めることがあります。
自分はこうでないといけないなどと一定の枠にはめるような思考があったら要注意!

・プライドが成長を妨げることがあります。
自分はできる、もう十分という思い込み、自分は正しいという思い込みが成長を妨げます。

・プライドの代わりに向上心を持つと気分が楽になります。
変に背伸びをしなくてもよいのです。あなたができる範囲内で努力すればいいのです。
分からないことはハッキリ分かりませんと言いましょう。

・プライドの高さは顔をこわばらせ、人間関係にも影響します。

↑ PAGE TOP