働きたくない!会社を辞めたい!そう思ったら

働きたくない!会社を辞めたい!

働きたくないけど生活のためにしかたがなく働いている人がたくさんいらっしゃいます。
そして会社を辞めたいけど、やめる勇気もなく仕方なく働いている人も多いようです。

しかし「働きたくない!」「今の会社を辞めたい!」と思う人はいても、「だったらどうしようか」考えて行動する人は少ないようです。

会社を辞めたい!働きたくない!
それだけで終わってしまうのはもったいないです。

残業などで疲れて考える気力もないのかもしれませんが、もし余裕があったら考えてみるとよいでしょう。意外な突破口が見つかるかもしれません。


なぜ働きたくないのか、なぜ今の会社を辞めたいのか

まずは、なぜ働きたくないのか、なぜ今の会社を辞めたいのか、整理してみましょう。

もう嫌だ

・会社の人間関係に疲れた(お局さんなど)
・上司が威圧的でこわい、上司が厳しい
・上司のセクハラ、パワハラ
・仕事内容がつまらない、合っていない
・難しい仕事をふられて不安
・安い給料でこき使われるのが嫌
・働くこと自体好きでない、作業さえ嫌い
・社会に出るのがこわい
・残業や休日出勤が多くて辛い
・会社の将来が不安、業績悪化
・面接が嫌い、圧迫面接によるトラウマ

などなど、様々な理由が思い浮かぶと思います。



働きたくないならどうすればいいかを考える

働きたくない理由、今の会社を辞めたい理由が整理できたら、次は、どうしたらその願望を満たすことができるか自分なりに考ええてみましょう。

1.働くこと(作業)自体は苦ではなく、仕事内容がつまらない場合:
今の会社の環境で努力次第で改善するものは、改善していくとよいでしょう。
今の会社では改善できそうにないものは転職活動をするのもアリです。
残業が法外な場合や休日出勤が多い場合も、会社に言ってダメなら次を探すのもよいでしょう。

作業

2.働くこと(作業)自体は苦ではなく、人間関係が嫌な方:
どの会社にも付きまとう問題(人間関係や上司が厳しいなど)であれば、なるべく働かない方法や自宅でできる仕事を検討するのもよいかと思います。

例えば、アフィリエイトや在宅プログラマー、ブログライターなどの自営業が挙げられますが、会社員とはまた違った意味で努力が必要になります。

在宅ワークはすぐには稼げませんが、働きながらでも「収入を得られる仕組み」を育てていけば在宅ワークも夢ではありません。ただし根性と行動力が必要です。調べたり、考えたりすることも多いです。

3.働くこと(作業)自体が好きでない方:
まずは貯金にいそしみ、早くに資産を築きましょう。
できるだけ早く退職する計画を立てたり、アルバイトで週に2~3日だけ働いて質素な生活をするという手もあります。
生きていくには働かないといけませんが、生活レベルを落とせば労働量を抑えることが可能です。
また、東京などの都会に住む男性だと治験の案件が豊富で、それだけで生活している方もいらっしゃるようです。田舎では自給自足や米などの農産物を作って売る(これは働くことに入るので微妙)などで生計を立てる人もいます。

面接

4.面接が嫌い
面接が嫌い(もしくはコワイ)、社会に出るのが怖いという人は、人に接することに慣れていません。

また、就職活動で何度も面接を落とされた、圧迫面接でひどく心が傷ついたという苦い経験を持っている人もいます。

企業の面接はちょっとしたコツがあり、ポイントは「応募する会社にどのように貢献できるか」です。ご自分の経験や性質が応募する会社にどのように貢献できるかを念頭において質問に答えるとよいでしょう。 後は笑顔とハキハキとした受け答えです(慣れが必要)。

社会に出るのがこわいという人は、上記の面接のポイントを頭の隅にでもおいておき、まずはアルバイトから始めてみて慣れていくとよいかと思います。正社員登用のアルバイトもありますので、積極的にチャレンジしてみるとよいでしょう。

上記は私が考えた対策例ですが、人によってはもっと画期的なアイデアが浮かぶかもしれませんね。

「働きたくない!」という願望は、その後の行動によっては、自身が望むライフスタイルへと導く「希望のタネ」でもあります。



働かない生活って実際どうなの?

「働きたくない!」と現在思っている人にとって、働いていない生活をしている人が羨ましく見えます。

退屈

しかし人間という生き物は、何もせず文字通り「働かない生活」をしていると段々と退屈を感じてきます。そして自分の存在意義まで考えるようになってしまいます。

「私は何のために生きているのだろう」

家にいてもアフィリエイトやブログライター、プログラマーなど何らかの作業をしているなら張り合いがあってよいのですが、何もせずただ消費する生活となると本当に退屈です。
引退した後、趣味などの楽しみを持たない隠居老人のような感じです。
家にいてただゲームばかりするニートも何の希望もなくつまらないものです。

健康な心身を持っている人間であれば、このような状況に置かれると・・・

何かしたい」という気持ちになります。

意欲がわいてこない場合は、心身に何らかの異常が生じている可能性がありますので、早期に対策する必要があります。まずは規則正しい生活とバランスのとれた食事、適度な運動で自身の体を整えてみてください。

心身が整えば、気力がわいてくるはずです。
何か行動を起こすにもまずは心身を整え、気力を充実させることが大切です。


働きたくない!と思ったら まとめ

・働きたくない!という願望は、自分がどうしたいか考えるきっかけになる

・働くこと(作業)自体が嫌いなケースは少ないが、早期退職の計画を立てたり、生活レベルを落とすことで労働を週に2~3回などに減らすことが可能。

・人間関係がネックで働きたくない場合は、在宅で仕事をするという手もあります。
アフィリエイト、プログラマー、ライター、入力など最近は多彩です。
でも最初はあまり稼げませんので、働きながら「稼げる仕組み」を作っていくとよいでしょう。

・意欲がわかない時は、規則正しい生活と運動、バランスのとれた食事などでまずは心身を整えることが必要です。

↑ PAGE TOP