未婚率と結婚率

結婚適齢期と未婚率

生き方の多様化とともに、年々、未婚率が高まってきています。
そしてある程度年齢が重なると、結婚する確率も減ってきます。

結婚適齢期(25歳~34歳)の未婚率:
女性:25歳~29歳→60%、30歳~34歳→37%
男性:25歳~29歳→65%、30歳~34歳→41%

40代前半でも22%が未婚。
女性:35~39歳→25%、40~44歳→22%
男性:35~39歳→37%、40~44歳→22%

女性は35歳を過ぎたら結婚する可能性は1%、男性は40歳を過ぎたら結婚する可能性は3%などと巷で言われています。※実際はこんなに低くありません。

この数字は極端に言った例なのですが、実際問題として男女ともに年齢が上がるほど結婚意欲が衰え、生涯独身者が増えてしまうのも事実なのです。


結婚しない要因

結婚しない要因は、人それぞれですが、このようなことが挙げられます。

・この年齢で今更結婚なんてと思う(あきらめ)。
・趣味や仕事に一生をかけたい
・自由でいたい(今の生活が気に入っている)
・経済的な不安(子育て等)
・体力的な不安(家事、子育てをしながら働く自信がない)
・フラれるのが怖い(自信がない)
・面倒くさい(ズボラ)
・ハイスペックな人がモテモテ状態で選んでいるうちに時間がたった。
・理想が高い(結婚は妥協も必要)
・ある程度の年齢になり、性欲が減退(特に40代以降)

色々あるのですが、何といっても、生涯未婚の魅力は経費面
独身なら、さほど経費もかからず、低労力で生活していくことができます
老後も、計画的にお金を貯めていればさほど心配もありません。
(1人1,500万もあれば十分)
趣味や仕事も思う存分、楽しむことができます。


そうは言っても結婚もチラチラ頭の隅に?

我々生物は異性を求め、子孫を残そうとする本能があります。

結婚する気はない、興味はないと言いつつも、潜在的には結婚したいと思っている人が多い様子。
現代は、脳で考える人が増え、本能や感情面がおざなりにされている部分があります。

結婚は確かに重労働。
でもその中に喜びや幸せがあるのも事実。

時には、本能に従って行動することも必要なのかもしれません。

ただ、40歳以降になると、この本能が薄れてしまいます
男性は生涯現役と言われていますが、40代にはかなり減退しています。

こういう意味で、結婚適齢期というものがあり、出産を伴う結婚は男女ともに40歳までが望ましい。より確実な目安としては、25歳~35歳くらい。


若くて結婚を考えている人

20代の方で、将来結婚を考えている人はなるべく早く行動した方がいいでしょう。

30代でもいいや、そのうちいつか、等と言っているうちにアラフォーがやってきます。
冒頭でも述べた通り、年齢が多くなるほど結婚しにくくなりますので、早いうちに手を打つに越したことはありません。

出会いがない、そのうちいつか、などと考えていても、出会いは向こうからやってきません
年齢が若かろうが、イケメンだろうが、美女だろうが、行動しないことには始まりません。

自分から出会いを見つけに行く必要があるのです。
習い事、イベント、パーティー等、人が集まるところに出かけましょう。
特に同じ趣味の人がほしいときは習い事や趣味の会などがお勧めです。


30代、40代の方で結婚を考えている人

女性は35歳を過ぎると結婚率が1%、男性は40歳を過ぎると結婚率が3%くらいと書きましたが、これは5年以内に結婚しなかった人の確率であり、その後結婚する可能性を入れると数字は変わってきます。

男女ともに40歳未満は、出産を伴う結婚が可能と考えてもよいでしょう。
40歳以降の結婚は、子どもができにくくなり、障害も生じやすくなるので、「生涯のパートナー探し」という意味合いで結婚を検討してもよいでしょう。

いずれにしても、自分はこの年齢だから結婚なんて無理だとあきらめてしまわないことです。
確かに年齢が原因になることもありますが「話が盛り上がらなかった」「性格的に合いそうにもない」等という理由で交際に発展しないケースも多い。

年齢のせいにして逃げるのでなく、自分を振り返り、至らないところは改善していく姿勢が必要です。また、アクセスしてきてくれた人がいれば、その人のよいところを見てあげるようにするとよいでしょう(結婚は妥協が必要です)。結婚だけでなく何かに挑戦するとき「歳だから無理」は言い訳です。
何にしても試行錯誤はつきものです。


自分がどうしたいかが大切

ここまで未婚率と結婚について書いてきましたが、筆者が言いたいのは何が何でも早く結婚しなさいということではありません。

年齢が高くなるほど、結婚意欲が失せる、出産リミットなどの理由で結婚率が下がるので、結婚したいと思ったら、早めに行動するとよいでしょう。

逆に30代になっても結婚したくないなら、それはそれでよいかと思います。
だってそれは個人の価値観だから、他人がとやかく言う問題ではないのです。
しかし、40代での結婚は出産が難しいという事も頭の隅においておきましょう。

よくないのは、周りが結婚しているからと言って、無理矢理に恋人を作ること。
本当にパートナーを望んでいるのか、周りの目が気になるからパートナーを作るのか、その辺はよく考えた方がよいでしょう。幸せは自分の心の中にあります。

少子高齢化が危ぶまれる、年金制度が心配などという声もありますが、独身時代に備えを作っておけばさほど恐れることではありません。また、少子高齢化社会が進んだときは、それに伴い、世の中が変化していくことでしょう。


高まる未婚率 まとめ

・未婚率、結婚率等のデータに関係なく、自分がどうしたいかが大切。

・出産を伴う結婚を望むなら、男女ともに35歳くらいまでが無難。最大でも40歳未満。

・40歳以降の結婚は、子どもを持つというよりも、パートナー的意味合いを帯びてくる。

・高齢で結婚したい場合は、あきらめないこと、相手の良い部分を見てあげることが大切。

・30代で結婚したくないなら、それも1つの人生。
でも40代になると出産を伴う結婚が難しくなることを念頭に置いておきましょう。

↑ PAGE TOP