生きている理由

生きている意味

毎日、毎日、皆さま、お仕事や家事などお疲れさまです。
みんな頑張って生きていらっしゃいますね。

でも、頑張っても、頑張っても報われない時や、疲れたとき、ふと思いませんか?
自分は何のために生きているのだろう?人生の意味って何?

誰でもいちどは生きている意味について悩むのではないでしょうか?
こんなに苦しいのに生きている意味なんてあるのだろうか?って思ったことありますよね?


生きている意味は天寿を全うすることです

人間を含め、生物が生きている意味は、天寿を全うするためです。

人間を含めた生き物は、生きようとする本能があります。
その本能は、食べることや寝ることによって生命を保とうとします。

基本的に生き物は本能的に死を避けます。
死を恐れるようにプログラムされているのです。
よほどのことがない限り、自ら死を選ばないようにプログラムされています。

「生きている意味なんてない、もう死にたい」と思っていても、簡単に死ねないのはこの本能(プログラム)のせいです。

人間を含め、生物が生きている意味は、天寿を全うすることであります。
最後まで生き抜くことが課題であります。

生きている意味なんてない、何のために生きているのか、生まれてこなければよかったなどと、後悔することもあるかもしれませんが、あなたが今生きていることは抗うことのできない自然現象なのです。



生きる意味について見出だしたい方へ

それでも生きている意味を見出したい、生きていてよかったと思いたい、何のために生きているのか知りたいという方もいらっしゃるでしょう。

先ほどチラっと述べましたが、生きる意味というものは行動することによって生まれます。
そして様々な経験を積み重ねるうちに見えてくるものです。

経験も行動も人によって違うように、生きる意味も人によって異なります。

ある人は愛する人を大切にすることでしょう。
ある人は子どもを愛し育てることでしょう。
家庭を守るという人もいらっしゃるでしょう。
また、ある人は、世の中に新しい価値を生み出すことかもしれません。
そしてある人は、世の中に何かの情報を発信する人かもしれません。
世の中に貢献することだという善人も結構いらっしゃいますよ。

もし、あなたが、今、生きている意味が分からない、何のために生きているか分からなくなっているのであれば、それは、何も行動を起こしていないか、まだ探索中であることを示します。

大丈夫。

あなたが経験していることはすべて無意味ではありません。
苦しいことであっても、楽しいことであっても、悲しいことであっても、嬉しいことであってもよいのです。
また、それぞれの経験が小さな事であっても、それは組み合わさって何らかの意味となります。

生きる意味は、1つであることもあれば、複数の事もあります。
そして時期によって変わることもありますよ。
ハッキリとしたものもあれば、薄ぼんやりとしたものもあります。


まずは身近なことを楽しんでみよう

生きる意味で悩んでいる時は、自分の人生に満足していない時や退屈さ、つまらなさを感じている時なので、感性を刺激する必要があります。

疲れている時は休息も必要ですが、休息が長引いて何もしない期間が長くなると、人間は自然と退屈になるものです。

また、毎日が同じようなことの繰り返しだと、人生がつまらなく思えてきて、何のために生きているのだろうと考えがちです。

何でもいい。
行動してみてください。
できれば、あなたが楽しいと思う行動をしてください。

本を読み、別の世界を疑似体験するのもよいでしょう。
美味しいものを食べて、感動するのもよいでしょう。
美しいものを見たり、映画で感動するのもよいかと思います。
ゲームが好きな人はゲームでもよいのですよ。
漫画もいいですよ~。

楽しいですか?
あなたの好きなものは見つかりましたか?

いいのですよ。
今、楽しんでいることが、今の生きる意味であっても。

どんなちっぽけなことでも生きる意味を持つのは、活力の源となりますから。



実は考えなくてもいい生きる意味

実は生きる意味は考えなくてもよいことであります。
というのも、あなたが生きているだけでも意味を成すことだからです。

生きる。これだけでも意味のあることなのです。
寿命を全うするだけでも、人生は意味のあるもの。

ただ、何もしない人生は「生まれてきて生きた」という事実があるだけ。
しかしほとんどの人が人生で何かをしています。すべての人と言っても過言ではありません。

行動すること、経験すること、思い出を作ること、何かに夢中になることで、いつの間にか人生の意味をなしていたなんてよくあることなのです。


過去を悔いなくてもよい

多くの人は、過去を悔いることがよくあります。

もっと勉強しておけばよかった。
あの時ああしておけばよかった。

でも、あなたが過去に取った行動には意味があり、それは教訓であったり、技術であったり、人脈であったりします。そう、今のあなたを形成する一部であります。

過去を悔いるのであれば、未来に生かす方向にもっていく方がよほど意味のある人生になるのです。


生きる意味 まとめ

・基本的な生きている意味は、天寿を全うすることであります。
それは本能というカタチで私たち生き物にプログラムされています。

・生きる意味は人それぞれ違い、行動や経験、思い出など様々な要素で形成されます。
また、ハッキリしていることもあれば、ぼんやりとしていることもあります。
時期によって変わることもあります。

・生きる意味は無意識な場合もあり、深く考えず、行動しているうちに、いつの間にか生きる意味となっていることもあります。

・生きる意味を考えるときは、疲れている時や退屈な時、自分の人生に満足していない時、現状に飽きたときなどです。まずは、好きなことを探してみてください。好きな食べ物でも好きな漫画でもよいのです。感性を刺激することで新たな道が現れます。

・生きて寿命を全うするだけでも意味があるのです。

・過去の行動にも意味があります。悔いるのではなく生かしてください。

↑ PAGE TOP