恋愛もコツコツ作業で叶いやすくなる

片想いを成就させる方法

勉強、仕事、恋愛、もっとも難しいのが恋愛

勉強、仕事、恋愛。
この中でも最も難関なのが恋愛。

お勉強はテキストや問題集に沿ってくり返し解いて覚える(作業する)ことをすれば、必ずと言っていいほど成果が出ます。
そしてお仕事はお勉強の作業の上に自らの工夫、世の中の傾向(流行)も含まれ、ちょっと難易度が上がりますが、大体諦めずに試行錯誤を続けると成果が現れてきます。

しかし恋愛は、作業、工夫の上に相手の気持ちが含まれます。
片想いを成就させようと思えば、自分の努力では及ばない部分もあるのです。

しかしこういった難易度の高い恋愛もコツコツと作業を行うことで片想いを成就させやすくなります。


片想い:好意を小出しにする

片想いでどんなコツコツ作業を行うかと言いますと・・・

基本は、好きな相手に好意を小出しにするといったコツコツ作業。

イキナリ「好きです」などと告白しても、成功率が低い。
おいおい私のどこが分かるの?あなたなんか知らないわと相手は思ってしまいます。
信頼関係が築けていない状況では告白しても成功率は低いでしょう。

ちょっとしたお菓子を相手に与える、仕事を手伝う、お茶を出すなど小さなことでもいいのです。

さりげなく行いましょう。あくまでちょっとしたものです。

いきなり高級品を与えると下心を疑われます。

また、ただ単に作業するだけではダメです。

ワクワク、嬉しい、楽しい、感謝というプラスの感情を込めて作業することです。

「私の目の前に現れてくれてありがとう」と心のなかで唱えます。

人間、好意を示してくれる人間には好意を抱くものです。

ただ、恋愛は努力をしても実るかどうか分からないもの

それでも想い続けるのであれば、好意をコツコツ小出しにして育ててみるのもよいでしょう。

お互い好意を受け合って信頼関係を深めると心がリンクします。
ただ、信頼関係で終わってしまう場合もあります。

どんなに美しい女性でも、どんなにイケメンでも、「好意」を小出しにする作業がなければ恋愛は難しいでしょう。一瞬うまくいったとしても泡のように消えていきます。


できるだけ同じ空間にいる

さらに、片想いを成就する上でもうひとつ重要な点があります。
なるべく意中の人と一緒の空間にいること。寄りそうこと。

人間は、慣れ親しんだ者に好意を抱く傾向があります。
なのでできるだけ意中の人と同じ空間、同じ場所にいると叶いやすくなります。

たとえば、学校という組織に男性6人、女性1人といった状況があるとします。その空間では間違いなく1人いる女性はモテモテなことでしょう。
だって馴染み深くなる異性の選択肢が1人ですから。
(ただ、英会話教室など習い事に通っている人は別ですが)
同性が少なく異性の多い職場は必然的に恋愛の機会に恵まれます。

そして意中の人とあなただけの空間にいる時間が長い場合。
つまり2人きりの時間が長いと言うことですね。
意中の人はあなたに親しみを抱く時間が長くなります。
雑談や一緒に何かをすれば尚更です。
この上で好意を小出しにすれば、さらに恋愛の成功率は上がります。

ここまで実践すれば片想いはグッと成就しやすくなります。
素敵な恋愛ができるといいですね!

↑ PAGE TOP