人間的成長は必要?

人間的成長は必要か?

よく人間的成長のために苦労しなさいと言われます。
私はそうは思いません。

人間的に成長したい人はすればいいし、苦労までして成長したくない人は無理して成長する必要はありません。

また、人間的成長を目指すにしても、苦労はオススメできません。

とういうのは苦労をすると、その苦しみが顔ににじみ出てしまいます
疲れや苦しみといった負の感情が顔に出てしまいます。
このような顔では誰も近づいてきません。運も逃げてしまいます。

受け身の苦労で得られるものなんてたかが知れています。
とりあえず生命を維持するだけのお金でしょう。


苦労よりも努力

では苦労をせずに人間的成長をするにはどうすればいいでしょうか?

自分ができる範囲内で能動的に努力をすればいいわけです。
心身に負担をかけてはいけません。

自らの意志をしっかりと持ち、自分はどうなりたいのか心の中にイメージを描き、それに向かって努力を続けるのです。

それを実現すればどのような環境が待っているか、誰が喜ぶかなど考えるとワクワクしてきますね。このワクワクがあり、はっきりと実現すると思い込まないと、努力は単なる苦労(徒労)で終わってしまいます。

また、「人間的成長」と言ってしまえば、気構えてしまいます。
今の自分ではダメなど自己否定になってしまえば逆効果。
成長→自分を育成するゲームをしているんだなどと発想を転換してみるのもよいでしょう。

何事も固く考えず、柔軟な発想で自分の心をケアしながら進みたいものです。


成長を邪魔する発言は無視

自分はこうなりたいと成長を願って努力している時に、応援してくれる人もいれば、水を差してくる人もいます。

お前にはとうてい無理だ。
君にはそんな才能はない。
あんたにはそんなことできない。

こんな言葉を聞かされるとやる気も失せてしまいます。

しかし自分の可能性を決めるのは自分です。
応援してくれる人の声だけ聞きましょう。
心無い人の言葉は無視しましょう。
マイナスの言葉で限界を作ってしまうのはもったいないです。


成長を促進する助言は歓迎しよう

上記のようにせっかく人間的成長を目指して努力しているのに水を差してくる人もいます。

しかし中には、物言いはきつくても有益なアドバイスをしてくる人もいます。

有益なアドバイスをしてくれる人は大切にするとよいでしょう。
有益なアドバイスをしてくれる人が優しい言葉なら分かりやすいのですが、上から目線というかキツイ物言いの場合もあります。
このような場合もあるので、感情で判断せず、発言の内容で判断するとよいでしょう。

本気で思ってくれる人ほど一生懸命なので、返って強い口調になったりすることもあります。うわべだけの親切よりも本気で親身になってくれる人がホンモノです。

見分け方の違いと言えば、本当に有益な助言は目標をけなしません。
努力の方法はけなしても、「無理」とか「できない」などというマイナス発言はありません。


人間的成長の暁に

人間的成長なんて必要ない。
いまのままでもいいや。
それでも別にいいのです。
ありのままのアナタでもよいのです。

でも人間的成長の暁には新しい世界が待っています。

仕事、恋愛、結婚、趣味、様々。
望むものがあれば、進んで動くのもまた乙なこと。

どちらにしてもアナタの納得のいく楽しい生活をして頂きたいと筆者は思います。

↑ PAGE TOP